きまぐれロジック

音楽、日常等 Twitter:@bigbigmuff

憧れ

最近自分が好きな音楽をしている人たちの人生が気になって調べてみることが多くて

 

自分が所謂アングラな音楽が好きなのも大きいと思うのですが、調べてみるとそういう人たちって自分と同じくらいの歳ではまだそんなに楽器を真面目には練習していなかった人や楽器を持ったことさえなかった人が結構いて

 

それでも自分は成功すると思い続けて必死にバイトなり何なりで食い繋いぎながら音楽やってて

 

将来のことだとか周囲の同世代の堅実な人たちのことだとかを無意識に意識してしまう自分には到底できないので、そういうのを見ると尊敬どころか虚無っぽくなったりすることがよくある

 

自分のために将来の堅実さを取りながらも、堅実な道を選択することで自分の将来がそれ方向に決定されることへの焦りやら虚無やらで寧ろ自分を苦しめてしまうのである

 

彼らは技術面で同世代に自分より歌や楽器の上手い人間が多数存在する中でそいつらが音楽は趣味と割り切ってやれ就職だとかやれ収入だとかやれ結婚だとか言ってる横でバイトしながら歌歌ったりギターかき鳴らしたりしてる訳ですよ

 

……できます?(笑)

 

 

 

これ昔Twitterにも同じこと書いたけど

 

堅実な道を選べば選ぶほど

 

もう後戻りできない焦りと堅実な道しか選べない弱さに対する虚無感が募るけれど、

 

全て捨てる覚悟で堅実ではない道を選択するような勇気は自分にはなくて

 

結局堅実でない道で成功してる人達を見てただ羨ましく思いながらああ人生だなあとか言って酒飲んで生きてくんだなあ

 

みたいなこと思ったりする

 

 

 

けど

 

やっぱりいつか絶対に面白ことやって生きていこうと密かにずっと思っていたりもします