きまぐれロジック

医学生。音楽、日常等 Twitter:@bigbigmuff

他者評価や能力、人脈等について思うこと

‪大抵の場合、何においても突き抜けた能力を得るためには、本来、人間関係を断ってまで努力に時間を投資しないといけないように思います。しかし世間にはさほど能力が無いのにも拘らず(何をもって能力の有無が決まるか問題もあるけれども、ここでは「他者評価を得る≠何かの分野における能力がある」ということで考えています)所謂人脈等のおかげで過大評価されている偽物が大勢いるように思います(勿論その人の人脈形成能力は評価されるべきですが…)。一方で素晴らしい能力を持っていながらも世間では評価されず細々と生きている人もたくさんいます。このへんのことについては、バランスがとても難しく、何かの能力について他者評価を得るためには正直なところある程度のセルフプロデュースが必要なのも事実だと思います。しかし、いくら人脈がなかったり無名であったりしても、何らかのフィールドにおける確たる能力がある人はやはり素直に尊敬すべきだと感じます。ポピュリズム的な影響に惑わされることなく、常に他者評価に関係なく本質的な部分を見ようとする姿勢を持ち、自分が素晴らしいと思ったものを素晴らしいと思い続けられる人間でありたいですね。