mtkn

音楽など/語尾がバラバラ

買ったものご紹介コーナー

新型コロナウイルスの影響で完全に大学がオンラインになって久しく、自分の住む福岡県ではやっとこさ緊急事態宣言こそ解除されたものの、結局ほぼ買い物と歯医者くらいしか外出することのない日々が続く。

当然の如くマネーフローは大きく減り、世間の消費も大幅に落ち込む中、「こんなご時世、物流に迷惑かけたらアカン!」なる気持ちと「それより経済を回した方が…」みたいな気持ちに挟まれつつ、なんだかんだでメルカリなどを開いては適当に気になったものを購入し続ける。

世の中の現状を見渡した上で、などと大層なことを宣ってはいるが、結局はこの暇な自粛期間に欲しいものの1つや2つ買うことを適当に正当化したいだけかもしれない。

そんなこんなで最近新しく生活に加わったアイテムが増えたので、雑ですが紹介したいと思います(時系列適当)。

 

KENZO×H&M アップリケスウェットシャツ

f:id:bigbigmuff:20200514165054j:image

KENZOH&Mのコラボ製品で、2016年の冬に主要都市の店舗とオンラインストアで販売されてたやつ。

自分は普段からメルカリでよく古着をチェックしているが、大抵はいいねを押すだけ押しておいていつのまにか忘れている、それでも気になり続けたものは購入を検討する、の繰り返しだ。

そんな中でも出会った瞬間に購入を決めるthe一目惚れ古着が稀にあり、このトレーナーもまたそうである。

これを着ていれば人の多い街中にいても目立つため迷子になりにくく、便利だなと思いました。

 

・『秘島図鑑』(清水浩史)

f:id:bigbigmuff:20200518074605j:image

メルカリのおすすめにたまたま出てきてジャケ良すぎワロタとなり衝動買い、800円。

内容はタイトル通り全国の秘島を写真と共に紹介するというもの。

知らない島がいっぱいだぜ!

"秘島"というように、ちゃんと実際に足を運べない島だけを特集していて、ここに載っている場所はどこも死ぬまでに1度も行くことはないんやなの気持ちに。

マジでこんなにジャケが良いにもかかわらず、表紙にお茶こぼして(画像右上)泣いてしまった。

 

・『VANISHING LIGHT』(豊原康久)

f:id:bigbigmuff:20200518074511j:image

以前からメルカリで数百円程度の写真集や古雑誌を雑買いするというのを頻繁に行っており、これもその1つだ。

マジでこれ300円だったんだが、こんなに良いものを古本とはいえ300円で買うのは失礼なんちゃうかと思いつつも、まあ出品者がこの値段でええ言うてるし俺はほしいし…となり購入。

海沿いに生きる様々な人や物に対し、徒に肉迫することなく、無防備な1シーンをすり抜けるように撮影し続けたような作品です。

f:id:bigbigmuff:20200518070402j:imagef:id:bigbigmuff:20200518070407j:image

めっちゃ良い〜。

 

・『Eye Opener』

f:id:bigbigmuff:20200518074802j:image

ジャケに惹かれて思考停止で買ったが、こちらは写真集ではなく、auscapeという写真素材サイト(https://auscape.com.au)にストックされている写真のカタログ本である。

↓のように各ページ見開きに幾つかの写真、及びその簡単な説明が載っている。

f:id:bigbigmuff:20200518065828j:image

f:id:bigbigmuff:20200518075239j:image

写真素材とはいえ画像の美しさやレイアウトの妙など写真集のような趣があり、眺めていて飽きることはない。

こちらもメルカリにて購入、890YEN。

 

・『A SELECTION OF TURKISH CARPETS』

f:id:bigbigmuff:20200518074829j:image

ジャケが超良いトルコ絨毯のカタログ。

こちらもメルカリで完全に一目惚れし、その後何日かずっと気になり続けたのち、まあ300円だしと思って買ったら大当たりだった。

↓が一番好きなページです。

f:id:bigbigmuff:20200518074254j:image

 

・『50×50』

f:id:bigbigmuff:20200518075000j:image

パリのプチプラデパート「TATI」を題材にした、様々な写真家によるオムニバス写真集。

鬼のジャケ買いです。

↓が一番好きなページ。

f:id:bigbigmuff:20200518080109j:image

ジャケの良い写真集は当然のように中身も良くて素晴らしい。

メルカリなどでの古本写真集のジャケ買いマジでおすすめ、皆もやってみてくれ!

 

・『BRUTUS 691』(2010年8月15日号)

f:id:bigbigmuff:20200518075026j:image

至る所で目にするBRUTUSであるが、買ったことは今まで1度もなく、今回メルカリでたまたま良さげな回を発見し購入。

ビーチカルチャー特集ということで、キューバや沖縄など様々なビーチ周りのカルチャーが特集されていたり、海のいろんな写真集や世界各地域のビーチミュージックが載っていたりと、凄い情報量だったのでBRUTUS面白いなと思いました。

f:id:bigbigmuff:20200518081957j:image

f:id:bigbigmuff:20200518082009j:image

f:id:bigbigmuff:20200518082036j:image

f:id:bigbigmuff:20200518082043j:image

こういう古雑誌digもかなり良いなと思った所存(これまでギタマガやレココレなど音楽雑誌しか古い回漁るみたいなことしてこなかった)。

あと海が綺麗なところに旅行したすぎるので誘ってくださいね。

 

・『デリバリーシンデレラ』(NON)

f:id:bigbigmuff:20200518082344j:image

3月に宿泊した京都のネカフェでハレ婚を途中まで読み、その流れで全巻一気買い。

個人的に漫画は絵が好みでないと(ギャグ漫画など一部除く)話が面白くても読めなくて、逆に絵が好きだと割とストーリーなんかどうでも良い、くらいの感じなのだが、これはまさに絵がドンピシャで好きな漫画です(そしてストーリーも良かった!)。

デリ嬢をめぐる人間関係・人生話かと思いきや最終的に法改正の話に及び「え、そっち?」という感じで面白かった。ミヤビ〜ッ!

 

・『おやすみプンプン』(浅野いにお)

f:id:bigbigmuff:20200518075125j:image

死ぬまでには読むでしょうと思って結局読めずにいた漫画シリーズの1つことおやすみプンプンをこの自粛期間を利用してやっと全巻買いし、読了。

あまり言うとネタバレになるので詳しくは書かないが、全13巻のうち11巻くらいになってマジの急展開、途中まで正直ああまあこんな感じかあなどと思いながら読み進めていたが一変、最後の最後でバッキバキに切なくて苦しくてなんか懐かしくなる、これまで読んだ漫画の中でもかなり心に残る内容だった。

因みに自分がまあこんな感じかあなどとナメた読み方をしていた途中の部分にも実際は伏線がかなりあって、こちらの方↓の考察ブログがとても面白かったです。

 

・『うみべの女の子』(浅野いにお)

f:id:bigbigmuff:20200518075638j:image

ひたすら不要不急の外出を控え家に篭り続けながらも季節は次第に移り変わりつつある毎日、最近はもう半袖で過ごせるほどすっかり暖かくなりつつある。

そんな中当然のように「海行きたすぎワロタ」となった結果、『海 漫画』で検索しておもろそうな漫画を中古でポチるとかいう想像を絶する単細胞ムーブにより、そういえば浅野いにおのこれ読んでなかったなと思い出して購入。

ただそこに海があり、エモい、のノリで買ってみると最初からめちゃめちゃセックスでわろた、青春です。

思ってたんと全然違ったが浅野いにおワールド全開で2巻ながらとても切なく懐かしく、的な気持ちになった。

「あれからだいぶ時間が経ちました、あの時の別れからまた各々が各々の人生を生きています、ただ自分の心の片隅にもう戻れないあの時の記憶はずっと生き続けています」みたいな展開におれは本当に弱く、胸がうぅ〜、になってしまう。

『風をあつめて』を聴き直しました。

 

・『南国トムソーヤ』(うめ)

f:id:bigbigmuff:20200518075819j:image

こちらも「海行きたすぎワロタ」→『海 漫画』で検索しておもろそうな漫画を中古でポチる、の単細胞ムーブで購入。

コロナで3月の沖縄行きがキャンセルになったことを思い出し、めちゃめちゃ沖縄行きたくなってワロタ、トムソーヤとかいう夢想やね。

あとあんまり関係ないけど、2011年に連載された漫画でしかも場面がバリ田舎なのに小学生の主人公がiPhone持ってて面白かった。

 

SanDisk 外付SSD

f:id:bigbigmuff:20200518075708j:image

ふとMacのストレージを確認すると、なんと残り20GBほどであることに気づく。

これでは流石に曲作りに支障が出てしまうと焦って購入したのがこのSSDです。

実際に使ってみたが、接続のスピードも問題無し。

容量が1TBもあるのでMacの中身丸々バックアップを取りました。

 

・Anker USB3.0 ウルトラスリム 4ポートハブ

f:id:bigbigmuff:20200518075750j:image

自分が今所有しているMacbook AirにはUSBポートが左右に1つずつしかなく、これまでオーディオインターフェイスに1つ、midi鍵のために1つを使うことで事足りていたが、SSD購入に伴いEXS24に取り込んでいたサンプル素材をSSD内に移動したためにインターフェイスmidi鍵・SSDの少なくとも3つを同時使用する必要が出てきて購入。

ポートが4つもあるため、これで同時に5つのUSBケーブル製品を使用することができ、作業環境爆上がり侍になりました。

 

 

みたいな感じで最近買ったものを紹介してたらめちゃめちゃ長くなってワロタ、お付き合いいただいた方々ありがとうございました。

 

おしまい

 

 

最近作った曲たち

外出自粛で怠惰さに拍車がかかり、暫くの間ブログを全く更新できていませんでした。

その間にいくつか曲を作ったので、今日はそれをざっと紹介します。

 

楽曲1:Tomggg-Misunderstand(mtkn Remix)

 

 

Tomgggさんのリミックスコンテスト参加曲。

イントロでサイドチェインの強さを少しずつ変化させるなど、多分大半の人には気付かれないであろうディテールにこだわってみる。

あとどうしてもサビでドラムが無くなる、というのをやりたかったです。

完成したのは締め切り前日の4月9日(トホホ…)。

改めて聴き直すとパンニングのし過ぎでかなりヘンテコだが、まあそれはそれで面白いと思えたりもする。

多分もうこんなヘンテコなパンニングは一生しません!

後半のピアノのところ、かなりお気に入り。

 

楽曲2:星野源 - うちで踊ろう(mtkn edit)

 

 

星野源氏が公開していたうちで踊ろうのリミックスやコラボを周りの音楽仲間達があまりにもしていたため、よっしゃ自分もやってやろうじゃないか、と意気込むもBPMの固定に大苦戦。結局ちまちま手作業で合わせました。

ほぼエレピ1発のドシンプルedit、この時丁度韓国のビートメイカーことslom氏を聴きまくり、影響を受けまくりにまくっていたのである。

そしてこれを公開した翌日、まさか安倍総理の某動画が公開され大炎上することになろうとは、この時はまだつゆ知らず…。

 

楽曲3:Marukido - 合法JK(mtkn Remix)

 

 

以前からTwitterでフォローしていたMarukido氏が合法JKのステムを公開していたため、早速ボーカルデータをダウンロードし作成。

BPMを落とし、原曲からかけ離れた曲風に。

あとシンプルなトラップのビートを前々から作りたかったという気持ちも込めて制作しました。

over used的なスネアの音色ですが、やっぱり良いすねこういうの。

またたまにトラップど真ん中、みたいな曲も作っていきたい所存。

 

楽曲4:m-flo♡Sik-K & eill & 向井太一 - tell me tell me(mtkn Remix)

 

 

2ヶ月ほど前にリリースされたm-floの新曲「tell me tell me」のリミックスコンテストに参加。

思ったより聴かれておらずやや悲しいが、ここ最近作った曲の中で一番よくできたと思う(そもそもm-floである時点でバイブスが合いすぎる、というのもあるけれど)。

特にミックスとかパンニングの妙みたいなところはかなり納得がいっています。

とても応募が多く、他の方のリミックスもSoundCloudにたくさん上がっているので結構聴いてみたが、皆スゲ〜!の気持ちに。

有名なビッグネームの方々の参加も見られ、相変わらず凄すぎましたが、これきっかけで知らない人をたくさん知れたのも良かったです。

今回のリミックスコンテストでは「これは流石に選ばれん、だがしかし自己満ベースでいくとかなり納得、好きなことはできているッ!」のマインドでかなり個性を出せたと思います。

 

楽曲5:Rainy

 

 

外出自粛が続き身動きの取れない連休中、最近めっぽう使う機会が減り置物と化していたsp404を久々に使ってみようと重い腰を上げて作成。

元ネタはBen&Benの「Doors」。

以前から自分はサンプルパックのワンショット系サンプルをlogicのEXS24に取り込む→ピッチやリリース等をいじりつつmidi鍵で打ち込み、という手法を多用しており、それ故にサンプルを波形のまま扱うということに慣れておらず、その練習も兼ねて作りました。

ワンショットではないサンプルを波形のまま切り貼りして曲を作ることにかなり苦手意識があったものの、いざやってみると思ったより良い感じに(原曲が良すぎるだけかもしれない)。

一方でサンプルを切り貼りするという行為によってできた曲はやはりどうしても人の曲という感じが拭えず、SoundCloudのリンクと共に「新しい曲ができました」とTwitterに投稿することすら憚られる始末である。

90sあたりのほぼ原曲そのままサンプリングビート、みたいなヒップホップや、ビートジャックなどに想いを馳せてみたりするのでありました。

 

といったふうに、5曲ほどSoundCloudに公開しました。

そして今はというと、友人と一緒に2曲制作しつつ、3月の京都METROでのTrack Cruising.リリパで披露した未発表曲(歌モノ!)の歌録りに苦戦中。

歌モノがある程度できてきたらそのうちSpotify等にも配信していきたいと思います。

 

おしまい

Track Cruising.

昨日、トラックメイカーの有志によるコンピレーションアルバム『Track Cruising.』が配信開始となりました。

ルーム系の音楽で構成された『in the room』、フロアで聴きたくなるような『on the floor』の2種類構成となっており、僕は前者の方で1曲参加しています。

3分くらい・スカスカ・かわいいを目指して作ったこの曲ですが、楽曲提出当初はこれで良いのかととにかく不安だったものの、1日で想定していたより遥かにいろいろな方に聴いていただき、big感謝、ですね…。

 

そして他の方々の楽曲も本当に素晴らしいものばかりで、ぜひお聴きになってくださいね。

地方に住みながらもこうして多くの方々と繋がりを持ちながら音楽ができていることに本当に嬉しく思います。

 

リファレンスなど

音楽を作り始めて一年間、ずっと試行錯誤し続けた結果、やっと自分の方向性が定まりつつあり、かつ言語化できるようになってきました。

そんな中で、こんな曲、作りテ〜〜〜、こんな曲作れたらナ、、、という感じにぶっ刺さりまくってる曲、「音楽を作る」という上でめちゃめちゃ影響を受けた曲をいくつか上げてみます。

是非聴いてみて下さい〜。

 

1.Jay Prince-Polaroids

 

2.Khalid,Disclosure-Talk

 

3.Aaron Childs-Tangerine(Channel Tres Remix)

 

4.Dorian-Natsu no Owari feat.G.RINA

 

5.NIKI(88rising)-Indigo