きまぐれロジック

語尾に統一性がない

雑記

4/23

f:id:bigbigmuff:20190424015307j:image

新発売のモンスターを購入。

そういえばプロモーションのテーマソングはKOHHでしたね。

KOHHといえば最近物凄い頻度でYouTubeにPVがupされていて、この前なんてなんとluteからPVが出ていて驚きました。

 

昨日Sorry Not Sorryのリミックスを出したと同時にこれまでネトストのように頻繁にチェックしては勝手に勉強させていただいていたインターネットミュージシャンを一斉フォロー。

彼らには以前から物凄く憧れつつも、自分が音楽をちゃんと作って世に出し始めるまではフォローをしないとずっと決めいたのだけど(そうでもしないと音楽に対して本気になれないと思ってたので)、昨日のリミックスが結構良くできたと思ったので…というわけでございます。

すると思ったよりたくさんの方にフォローをいただき、中でも入江陽さんからのまさかのフォロバに感激。

そのうちlukewarmのカバー出しますね…。

 

音楽ナタリーでimoutoidさんの記事が出されてトレンド入り。

先日wowakaさんが亡くなった時に思い出していたところでした。

自分はimoutoidさんと違って遅くから作曲を始めたし、氏のことを知ったのは亡くなってからだったけど、自分もいつかそのように人の心に残り続ける音楽を作りたいと改めて強く思いました。

 

TTHWアリムラさん回の最終話をYouTubeプレミアムで11:30〜視聴。

これまで音楽はそれなりに聴いてきた自信が多少なりともあったけれども、DTMを本格的に始めてまだ3ヶ月ほどしか経過していない自分にとってTTHWやハードオフビーツは学びの場。

今回も知らないDTM用語が出てきたので必死でメモを取りました。

そして日付が変わった0:00、アリムラさんの新アルバム「Recollect the Feeling」が配信開始。

勿論全曲チェック致します!

 

おしまい

 

プチ日記

4月3日

 

その1

推しのAV女優が電撃引退した時の引退AVで泣きすぎて火垂るの墓観てるのかと思った

 

その2

iPhoneで自分の乳首の写メ撮ったらlive photoで乳首が動き出した

 

その3

洗い物めんどくさすぎてコップが無いからこれでお茶飲んでる 犬か?

f:id:bigbigmuff:20190412010146j:image

 

その4

教授の声がめちゃくちゃ眠気を誘ってくる 眠くならないようにクラブとかで講義してほしい

 

その5

長年履いてた靴に穴が空いてた 頭は金持ち見た目は貧乏〜〜〜!

f:id:bigbigmuff:20190412010316j:image

 

その6

ジーザスとチ○カスで韻踏むの失礼すぎて何回聴いても面白すぎて爆笑してたら1日が終わってた

 

その7

おっぱい触ったことないから鶏胸肉食べるとき少しドキドキした

 

その8

講義で配られたレジュメ「インポセックスの出現」

f:id:bigbigmuff:20190412011622j:image

 

その9

お札のデザイン変更と変更後のデザインが公開された 

友人の「北里柴三郎めっちゃゲイやな」が失礼すぎて無限に笑ってる

f:id:bigbigmuff:20190412154518j:image

 

 

プチ日記始めます

これまでこのブログでは雑記と題して日常生活で素敵だと感じたものや様々に思いを巡らせて考えたことを載せて来ましたが、これからはそれに加えてプチ日記と冠しおふざけ全開の三行日記的なものをつけていきたいと思います。

エモいことを書く自分、くだらないことを書く自分、どちらも本当の自分なのでございます。

Twitterでのポストとかなり被っているのはご容赦ください。

 

雑記

新年度も始まり、自分が通っている大学もまたたくさんの新入生が入学してきました。

思えば入学したのはもう4年前、前期試験の不合格を異常な程に引きずっていた自分は、まだベッドすら届いていない暗い部屋で毎日天井を眺めるのに膨大な時間を費やしながら、インターネットで知り合った当時北九州で二浪をしていた某友人と会ったり、適当な女の人と遊んでは離れる消費的な生活を送ったりしていました。

いつの間にかその友人も東大の法学部生、自分も音楽を作りながら医学部の4回生と、時の流れの速さを身に沁みるほど感じています。

 

これから先もこの速い時の流れに半無意識的に身を任せながら、ふとしたところで思い返してはその時間の経過の速度に驚きつつ昔の記憶を懐かしく思うことの繰り返しなのだと思うと、なんと人生は刹那的なのだろうか、そしてその繰り返しの先に人は皆いつか死ぬのだななどと思いを巡らせてしまい、死ぬ直前の自分の精神性が少しだけ分かるような気がします。

人は生きるために生きているのではないというのが今の自分の思うところなのですが、では日頃から快楽主義に寝そべって不摂生全開の生活をし続けた結果早死にすることになったなら、その時の自分は死ぬ前に物凄く後悔してしまう気もしています。

そのようなことに思いを巡らせると、人は常々後悔のないように生きろなどと言いますが、結局後悔のない選択などは最後に振り返ってしか分からないように思う気持ちもあったりします。

 

昨年度の某日に先程の東大の友人と小倉で飲んでいた時、結婚についての話になりました。

一度しかないこの人生、これまでのだった20数年間においても目標達成のために少なくともある程度の努力を積み重ねてきた自負があって、これから先も更なる自己実現のために回り道しながらも生きていくと決めている中で、結局結婚して家庭を持つことに落ち着くのはつまらない、下らないのではないかということです。

少なくともある程度の自己実現像を設定し達成してきた人種はこの問題に直面しがちだと思っていて、実際に自分達2人もこの精神性を抱えて生きているのでした。

その上で、結婚したいかという友人の問いに対して、自分の答えは、「自分がある程度納得いく自己実現ができた時にする」というものでした。

これは実際に自分の中でこれまで結婚というワードが出てくるたびに常々思っていたことでした。

しかしこう答えた直後に友人から指摘を受けて気付いたことなのですが、自分が今思う「ある程度の自己実現」を成し遂げた時の将来の自分が見る世界は、おそらくそこでもう落ち着いてしまっても良いと思える世界ではなくて、また更なる自己実現を成し遂げたいと強く思う世界であるのです。

この指摘は完全に盲点でしたが、思えば今の自分でさえ数年前の自分からするとかなり自己実現を成し遂げた状態であり、その上でなんと現状に全く満足できていないのであります。

そんなことを考えていると、結局その繰り返しで時は流れ人生は終わりに向かっていくものだと気付き、今回の人生は永遠に結婚しないスパイラルなのですと、もう気持ち良い程の諦めがつくわけです。

人生は選択である…。

 

自己実現とは、納得いく人生とは、後悔のない人生とは、というようなベタすぎる問いに思いを巡らせる今日この頃でございます。

 

おしまい

 

 

 

 

200

いつのまにか読者が200人を超えていました。

ただ日常を記録しているだけのブログですが、そんなこのブログにも時間を使ってくれる人がいて、続けてきてよかったなと思います。

やっと方向性も決まってきたなと思う今日この頃、今後もゆっくりですがずっと続けていきたいのでよろしくどうぞね。