きまぐれロジック

医学生。音楽、日常等 Twitter:@bigbigmuff

治験体験記

大学も夏休みに差し掛かり、まとまった不労所得が欲しい〜!!、ということで、今回、念願の治験に参加してみました。本当は昨年参加しようとしたんですけど、予定が合わなかったんですよね(泣)。

今回の治験は、市販薬のジェネリック薬品の治験です(新薬のためどのような薬かは秘密ということになっており、ここに書くことはできません)。安全性を考慮して、薬局に置いてある処方箋無しで購入できるような薬品の治験にしました。日程は、「4泊5日+通院1日」を7月と8月の後半に1回ずつというもの。報酬は16万6千円です。

結論から言うと健康診断の結果が良くなくて「待機者」になってしまい(「待機者」の説明は後のデメリットにおける健康診断に関する項目で致します)、全日程には参加できなかったのですが、治験についていろいろと知ることができたので「治験のメリット/デメリット」という形でここに書いていこうと思います。

 

まずはメリットから。


‪・謝礼金が高い

1番のメリットは何と言ってもこれでしょう。一般的なバイトと比べると貰える額がとても高いです。その上ゴロゴロしてるだけなので完全に不労所得。病院内に拘束されるので自由度は低くなるとはいえ、とても良いですよね。


‪・交通費+αまで貰える‬

これも地味に凄い。治験は大抵参加前に合否を決めるための健康診断を行うのですが、その時もちゃんと交通費+昼飯代くらいは貰えました。自分の場合1度目の健康診断で血中のビリルビンの値が良くなくて(お酒飲みすぎ…?それともただ空腹だっただけ…?)再検査に行ったんですけど、その時もちゃんと1度目と同じ額がもらえました。

とはいえこれはあくまでも僕が行ったところでの話なので、もし治験に参加する場合はご確認下さい。

 

・タダで健康診断を受けることができる

健康診断の話の流れでもう一つメリットがあり、それはそもそもタダで健康診断を受けることができるということです。普段健康診断を受けるためにはお金が必要です。治験に参加できなくとも、健康診断を無料で受けられるだけでプラスのように思います。


‪・全日程を通して市販薬のジェネリック薬品を1錠、対照の市販薬を1錠飲むだけ‬(これは特に僕が参加した治験に限った話です)

これ、参加するまで、てっきり毎日のように投薬するものだと思ってたんですけど、実際はなんと全日程を通して合計でたった2錠(今回の実験目的のジェネリック薬品1錠、対照の同成分と市販薬1錠)飲むだけでした。しかも普通に薬局に置いてあるような市販薬のジェネリック薬品なので極めて安全性は高い‬(健康な成人が1粒飲んだだけでは副作用なんてまず可能性がないようなもの)といえました。まあこれは今回の治験に限った話ですけど、同様に薬をあまり飲まなくて良い治験はたくさんあるようなので、治験に参加するなら安全性などを考えてそういったものを選ぶと良いと思いました。


‪・病院というより研究所なのでオフィスビルのテナントで入っていて凄く綺麗だった‬

治験は製薬会社が行う実験なので、一般の病院というよりは研究所みたいなところで行われることが多いようです。病院内に数日の間拘束されると言われると普段よくあるあまり綺麗ではない大きな病院をイメージする方が多いかもしれないですが、僕が今回行ったところは天神の街中にあるガラス張りの綺麗なビルの8階にあり、とても綺麗で快適でした。


‪・三食付き‬

検査の関係で朝ごはんを食べることができない時もあるんですけど、それ以外は基本三食出ます。内容も普通のお弁当で、全然美味しかったです。


‪・本や漫画読み放題‬

病室を出た通路に大きな本棚があって、泊まっている間にはとても読みきれない量の本や漫画が置いてありました。雑誌もたくさんありました。

 

・DVD、ゲームまで借りられる

これもびっくり。まあ漫画くらいなら置いてあるのは想像できると思いますが、看護師さんに言えばDVDやゲームまで借りられる仕組みでした。しかも廊下の棚にはご親切に「おすすめDVD!」と書いてありDVDがいくつか置いてありました(笑)。


‪・Wi-Fiがある

病院内にはWi-Fiが通っていて、携帯やパソコンは使用可能でした。側で携帯やパソコンを使用してはいけないような精密な検査をすることもなかったので基本一日中使えました。


‪・看護師さんが可愛い‬

これは完全に僕が今回行ったところがたまたまそうであっただけだと思うんですけど、看護師さんの顔面偏差値が驚く程突き抜けていました。

 

デメリット

・副作用の可能性

薬を飲む訳ですから、やはり副作用の可能性は否定できません。なので高い報酬に惑わされず治験に参加するなら出来るだけ安全性の高いものにしましょう。安全性の高いものでも、報酬は十分に高いですし。とはいえ日本では規制が厳しく、副作用が出るような治験はなかなかないという印象です。

 

・病院内に拘束される

これが1番のデメリットかと思います。基本的に病院から一歩も出ることができません。長期の治験の場合面会が可能なものもあるみたいですが、それも1日に1時間程度のようです。携帯やパソコンも使える上に本やDVD、ゲームも借り放題ですが、1人でずっといるのはしんどいと思うので、できれば友達と一緒に参加した方が良いように思いました。

 

・間食を食べてはいけない

正確に実験を行わないといけないので、基本的に間食禁止です。飲み物や食べ物は持ち込むことができません。フリスク程度もNGです。飲み物は置いてある水または麦茶なら自由に飲むことができます。普段間食する癖がある人はこれが結構辛いかも。とはいえ間食しない生活を送らざるを得ないというのはとても健康的なのでこれって寧ろプラスと捉えることもできるんですけどね。

 

・期間中のお酒、喫煙、グレープフルーツ、お薬NG

まあこれらは当たり前っちゃ当たり前ですけど、どの治験であっても入所期間中は基本的にこれらを摂取してはいけません。なので常用薬がある方はキツいかも…。

 

・健康診断の審査が比較的厳しい

これ、普通の人はそれほど問題ないみたいですけど、普段からお酒やタバコを結構する人や持病や病歴のあるは要注意です。通常、治験は、参加前に健康診断(尿検査、血液検査、心電図、問診など)を行います。その時点で健康なら参加可能、問題があるなら不合格となります。しかし参加可能と言われてもまだ油断はできません。健康診断の結果に基づいて順位が付けられ、その順位にしたがって参加者と待機者に別れます(自分がそのどちらに当たるかは当日に発表されました)。今回の治験では、参加者24人、待機者3人でした。参加者になると1回目の投薬の前までに体調が悪くならない限り合格です。治験に参加することができます。一方待機者は健康診断の結果が全体の下位になってしまった人で、投薬前に参加者の体調が優れなかった場合(投薬前に健康診断があり、それによって参加者が本当に治験に参加して良いかを確かめます)の交代要員です。投薬は大抵2日目にあるので、もし交代がなければ最初の1泊で解散になります。1泊するだけなので報酬も2万円程しか貰えません。僕も今回血液検査の結果が微妙で「待機者」になってしまいました。因みに、待機者になると、次回の治験には優先的に入ることができる優先権を貰えることも多いようです(僕のところは優先権はくれませんでしたが、また別日程の治験をたくさん紹介してくれた上に、「血液検査だけ」みたいな単発の医療系バイトの案件が入る度に電話してくれるとのことでした)

 

その他、実際に参加してみて気付いたことなどについて書いていきます。

まず、風呂とトイレについて。風呂は15分間のシャワーのみで、シャワー室が2つあり、あらかじめどの時間帯にシャワーを浴びるかをその日のうちに予約するというシステムでした。シャワー室はとても綺麗で、シャンプーやリンスは備え付けのものがありました。シャワー室の目の前には洗面台が3つあり、ドライヤーや洗顔剤、歯磨き粉なども置いてありました。また、タオルも備え付けのものがあるので家から持って行く必要はありませんでした。

トイレは2つあり、共同でした。とても綺麗でした。被験者20数人に対してトイレ2つなのでたまに混みますが、それほど問題もありませんでした。

それと、服について。服は入院中は指定の服が配られ、それを着用します。それを知らなかった僕は部屋着を何着も持って行ってしまいました。部屋着が必要なところもあるかもしれないので、事前に問い合わせてみると良いと思います。

 

という感じで、治験について知ったことをつらつらと書いてみました。あくまでこれらは全て今回僕が体験したところでの話なので、そうでないことも多々あると思いますが、もしこれを読んだ人が治験に参加する場合、参考程度にはなるかなと思います。